『ニキビ跡』をなおしてしまおう!
height="10" おとなのニキビをなおしてしまおう!

プラセンタ

赤ちゃんをそだてる胎盤エキスから抽出するプラセンタは、ビタミン、ミネラルなど、皮膚に必要な栄養成分がぎゅ〜っとつまった「プラセンタ」ですが、そのすごさは、あたらしい細胞をつくる「成長因子」の存在です。

夜、たっぷりねると、翌朝なんだか肌がぷりっとみずみずしくて調子がいいのは、ねむっている間に「成長ホルモン」が分泌されて、その一部である「細胞成長因子」の、あたらしい細胞をつくる作用がつよく働くからです。

プラセンタには、この「成長因子」がふくまれているため、新陳代謝を活発にするはたらきがあるのです!

ニキビ跡の色素沈着とプラセンタ

ニキビ跡の茶色い色素沈着の原因は、「メラニン」です。表皮のいちばん奥の層(基底層)のメラノサイトで生成されたメラニン色素が、皮膚細胞にとりこまれ、茶色いシミのようにみえます。

表皮の奥の層は、「ターンオーバー」がはじまる場所でもあります。
ここでうまれたあたらしい皮膚細胞は、古い細胞をおしあげながら、通常、4週間かけて「垢」となってはがれおちます。この皮膚細胞の新陳代謝のサイクルを「ターンオーバー」といいます。ということは、メラニンにそまった皮膚細胞も、4週間たてば排出されて、ニキビ跡もなくなってしまいそうですが、ニキビでうけたダメージを回復するまで、ターンオーバーの仕組みが正常に機能しなかったり、異常を検地してメラニンをつくりつづけたり、ニキビの後は、いつもの肌の機能を発揮することができません。

プラセンタは、ニキビとのたたかいですっかりつかれて、機能がおちてしまった肌に、たりないを栄養をおぎないながら、あたらしい細胞の生成をたすけるはたらきをするのです!

植物性プラセンタ

化粧品やサプリメントにつかわれるプラセンタは、豚などの動物の胎盤から精製されていましたが、最近は、胎盤の作用ににた「あたらしい細胞をつくる作用」をもっているものを「プラセンタ」とよぶことから、大豆の胚などを原料にした「植物性のプラセンタ」も開発されています。

この「プラセンタ」は牛や豚の胎盤から生成されることが多いのですが、安全面の問題から、最近は植物由来のプラセンタが注目されています。
 Natural Garden 大豆物語  植物性プラセンタ原液
『大豆の物語シリーズ』植物性プラセンタ原液【Natural Garden】 ◆プラセンタ原液
  (大豆エキス由来)
◆完全無添加
◆内容量:5ml*2本
NaturalGarden「大豆物語シリーズ」のプラセンタは、100%大豆からつくられた植物性です。大豆の「イソフラボン」をたっぷりふくんだプラセンタ原液は、ニキビ後の赤みをおさえたり、メラニンの生成を抑制したり、色素沈着にたいする効果がたかいのが特徴です!
関連情報
 ニキビ跡ってなに?
色素沈着・凸・凹...そもそもニキビ跡ってなに?どうやってできるの???
 ニキビ跡のためにすること
どうしようもないといわれることもあるニキビ跡も、今どういう状態か理解すると、できることがうかんでくるのです!
 油溶性ビタミンC誘導体
皮膚の外側からと内側から作用する「油溶性ビタミンC」こそ、色素沈着・凸・凹すべてのタイプのニキビ跡の救世主なのです!
 EGF(上皮細胞再生因子)
あたらしい細胞をどんどんつくって、ニキビでダメージをうけた皮膚細胞をおきかえることができれば、ニキビ跡は改善するはず!
大人のニキビ関連情報
 炎症ニキビってなに?
ニキビ跡をひきおこす炎症ニキビの基礎知識をまず頭にいれておきましょう!
 炎症ニキビケア
「おとなのニキビをなおしてしまおう!」流炎症ニキビケアのポイントは2つ!
 炎症ニキビケアのキーワード1
ただの抗酸化では炎症を悪化させることもあるので、炎症ニキビケアのキーワード1は「刺激のすくない抗酸化物質」!
 炎症ニキビケアのキーワード2
炎症ニキビがやっかいなのは、色素沈着や凸凹のニキビ跡に発展するから。炎症ニキビケアのキーワード2は「ダメージをうけた肌を再生する成分」!
 炎症ニキビおすすめアイテム
炎症ニキビには、おとニキ独自キーワードにそったアイテム選びが近道です!
nikibi check! 大人のニキビを治してしまった体験談
ニキビ跡をのこさずに大人のニキビをなおしてしまう体験談も!
ニキビ跡に関する情報を無料メールマガジンでGETしよう!
メールアドレス:
『ニキビ跡』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]