『ニキビ跡』をなおしてしまおう!
height="10" おとなのニキビをなおしてしまおう!

メラニン

メラニンは、日焼けをしたときにできるシミやそばかすなどの色素として有名です。

わたしたちにとって、肌の色素沈着はまったくうれしくないので、そのモトであるメラニンはいつも「ワルモノ」あつかいですが、ほんとうは、わたしたちの体をまもるために存在してくれる「いいやつ」なのです。

たとえば、紫外線や摩擦刺激など、体に危険がおよんでいる!とかんじると、表皮よりも奥にその影響をあたえることがないように、メラノサイトががんばってメラニンをつくって、真皮以下の組織をまもろうとします。(表皮は、ターンオーバーによってとりかえが可能なので、大丈夫です!)

一言でいうと、メラニンには「免疫機能」があるのです!

そんなメラニンの生涯は、3ステップです。

☆step1 誕生:必要なとき、必要な分だけ生成される
☆step2 活躍:紫外線などの刺激を吸収する
☆step3 退場:表皮のターンオーバーによって排出される

メラニンは、必要なときに必要な分だけ生成されて、役目がおわると、表皮のターンオーバーによって排出されというステップ1から3までの一連の流れがうまくいっているうちは、私たちをまもってくれる「100% いいやつ」なのです!

メラノサイト

さて、今度はメラニンをつくる「メラノサイト」に注目しましょう!

メラニンは、表皮の一番奥の層(基底層)にある「メラノサイト」で生成されて皮膚細胞にとりこまれます。

逆に言うと、メラノサイトは、デイリーワークとして
毎日あたらしい皮膚細胞に見合う必要な量のメラニンを生成しているのです。

毎日、ローテンションで仕事をこなすメラノサイトですが(知りませんが)
「体に危険がせまってる!」と感じると、ガゼンやる気をだしてきます。

「免疫機能をもつメラニンをたくさんつくって、
表皮よりも奥の組織を、危険から守らなければ!」
とがんばってくれるのです!

ココがニキビ跡の色素沈着をなおす過程でとても重要なポイントになります!

メラノサイトは「体に危険がせまってる!」と感じると
いつもより、たくさんメラニンをつくる!

たとえば、紫外線をあびたときや、つよい摩擦、化学物質の刺激など、
とにかく、メラノサイトが「危険だ!」を感じれば、肌のメラニンがふえるのです。

ニキビ跡のメラニン

ニキビが悪化する過程で発生する「活性酸素」は、必要以上にふえすぎると、皮膚細胞を傷つけて、死なせてしまう肌にとってはわるいヤツになってしまいます。
そんな活性酸素の存在にきづいたときや、炎症をおこしたり、化膿したとて、患部が肌の表面から皮膚の内部にせまってきたときも、メラノサイトは、「大変だ!」とメラニンをつくって、肌をまもろうとしてくれるのです。(もっとくわしくは、おとニキ「炎症ニキビ」を参照してくださいね!)

こういう経過で、ニキビ跡に茶色っぽい色素沈着がおきてしまうのです。

ほんとうなら、表皮は4週間でうまれかわるので、1ヶ月もするときえてくれるハズですが、ニキビ跡の茶色い色素沈着がなかなかきえてくれないのは、ニキビ肌ゆえの事情があるのです!

原因は2つかんがえられます。

  • 「もう危険はさった」という状況をしらずに、どんどんメラニンをつくってしまっている
  • ニキビの影響が、あたらしい細胞をつくる層におよんで新陳代謝がわるくなり
    うまくメラニンを排出できない

活性酸素に反応したメラノサイトは、こんどは必要以上にメラニンをつくってしまいます。
「トラブルがあった場所=活性酸素が多い場所」のメラノサイトだけ元気いっぱいに、いつまでもメラニンを生成してしまうのです。

さらに、ニキビから回復したての肌はつかれきっていて、ターンオーバーが元通りになるまで、時間がかかります。そして、もう必要ないメラニンを排出できない期間が長くなってしまいます。

こうして、ニキビ跡の茶色っぽい色素沈着ができてしまうのです!


メラニン系のニキビ跡にきくケア

メラニンにねらいをさだめたケアで、メラニン系のニキビ跡をなおしてしまおう!

ビタミンC
ビタミンC誘導体 「ビタミンC誘導体」は、今のところ大きく3つの種類があります!
水溶性ビタミンC誘導体 真皮まで浸透して作用する油溶性ビタミンC誘導体
油溶性ビタミンC誘導体 真皮まで浸透して作用する油溶性ビタミンC誘導体
進化型ビタミンC誘導体 バリア機能も細胞壁にもうまくなじんで、皮膚細胞の中まで浸透してメラニンに直接作用します!
水溶性ビタミンCのイオン導入 表皮で即効性のある水溶性ビタミンCは、イオン導入で真皮にも浸透させることができます!
プラセンタ
プラセンタ 肌に必要な栄養たっぷりのプラセンタは新しい細胞をつくるために指令をだす因子をもつことが色素沈着に効く一番の理由です!
ハイドロキノン
ハイドロキノン メラニンに対しては漂白とまでいわれる美白力!
フラーレン
フラーレン 強力なフラーレンの活性酸素を除去する作用は、余分なメラニンの生成をストップさせます!
関連情報
 ニキビ跡の色素沈着
ニキビ跡の色素沈着は大きく「ヘモグロビン系」と「メラニン系」にわけられます!
 ヘモグロビン系ニキビ跡の色素沈着
ニキビ跡独特の赤紫っぽい色素沈着の原因は「ヘモグロビン」。ずばり!血液の「のこりカス」です!!!
 ニキビ跡ってなに?
色素沈着・凸・凹...そもそもニキビ跡ってなに?どうやってできるの???
 ニキビ跡のためにすること
どうしようもないといわれることもあるニキビ跡も、今どういう状態か理解すると、できることがうかんでくるのです!
 油溶性ビタミンC誘導体
皮膚の外側からと内側から作用する「油溶性ビタミンC」こそ、色素沈着・凸・凹すべてのタイプのニキビ跡の救世主なのです!
 プラセンタ
あたらしい細胞をどんどんつくって、ニキビでダメージをうけた皮膚細胞をおきかえることができれば、ニキビ跡は改善するはず!
大人のニキビ関連情報
 炎症ニキビってなに?
ニキビ跡をひきおこす炎症ニキビの基礎知識をまず頭にいれておきましょう!
 炎症ニキビケア
「おとなのニキビをなおしてしまおう!」流炎症ニキビケアのポイントは2つ!
 炎症ニキビケアのキーワード1
ただの抗酸化では炎症を悪化させることもあるので、炎症ニキビケアのキーワード1は「刺激のすくない抗酸化物質」!
 炎症ニキビケアのキーワード2
炎症ニキビがやっかいなのは、色素沈着や凸凹のニキビ跡に発展するから。炎症ニキビケアのキーワード2は「ダメージをうけた肌を再生する成分」!
 炎症ニキビおすすめアイテム
炎症ニキビには、おとニキ独自キーワードにそったアイテム選びが近道です!
nikibi check! 大人のニキビを治してしまった体験談
ニキビ跡をのこさずに大人のニキビをなおしてしまう体験談も!
ニキビ跡に関する情報を無料メールマガジンでGETしよう!
メールアドレス:
『ニキビ跡』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]