『ニキビ跡』をなおしてしまおう!
height="10" おとなのニキビをなおしてしまおう!

ハイドロキノン

「ハイドロキノン」は、メラニン色素をつくらせないように作用するのですが、その効果はかなり強力なので、「肌の漂白剤」といわれているほどです。

病院でシミ治療のときに処方される薬の成分でもあるのですが、わたしの場合は、以前、レーザーでシミをバチバチッととったあと、レーザーによる色素沈着をふせぐために、この「ハイドロキノン」を処方されました。「他の場所にはぬらないで」という注意をうけて、レーザーした部分にだけ指でぬっていたのですが、毎日1〜2mmははみだしてしまっていたら、そこが、ちょっとみたことのないくらい白くなってしまいました。このとき、「漂白剤」といわれている意味がよ〜く理解できました。

日本では、2001年まで、「ハイドロキノン」は、医師の処方箋がなければ手に入れることができなかったのですが、今では安全性が確認されて、化粧品に配合することもできるようになりました。化粧品メーカーが発売している高級美白クリームに配合されることの多いコウジ酸やアルブチンのなんと100倍の美白効果があるといわれています。

ハイドロキノンとニキビ跡

ハイドロキノンは、「メラニン色素」の生成をおさえる作用によって、メラニンが原因の色素沈着に効果を発揮します。ニキビがおさまってすぐにあらわれる赤みや紫色っぽい色素沈着にはほとんど効果がありませんが、その分、ニキビ跡が徐々に茶色っぽく変化してくると、皮膚の表面から色素をたたく!という感じです。 

ハイドロキノンのアイテム

メラニン色素に対して、強力な美白作用があるハイドロキノンですが、問題として「取りあつかいがむずかしい」ことがあります。
そういえば、病院で処方されたハイドロキノンの薬は、酸素によわく、冷蔵庫にいれて1週間くらいしかもたないし、その間も白い色がどんどん茶色くなっていくし、これを化粧品に配合するのはむずかしそうだな〜となんとなくおもっていました。

関連情報
 ニキビ跡ってなに?
色素沈着・凸・凹...そもそもニキビ跡ってなに?どうやってできるの???
 ニキビ跡のためにすること
どうしようもないといわれることもあるニキビ跡も、今どういう状態か理解すると、できることがうかんでくるのです!
 油溶性ビタミンC誘導体
皮膚の外側からと内側から作用する「油溶性ビタミンC」こそ、色素沈着・凸・凹すべてのタイプのニキビ跡の救世主なのです!
 プラセンタ
あたらしい細胞をどんどんつくって、ニキビでダメージをうけた皮膚細胞をおきかえることができれば、ニキビ跡は改善するはず!
大人のニキビ関連情報
 炎症ニキビってなに?
ニキビ跡をひきおこす炎症ニキビの基礎知識をまず頭にいれておきましょう!
 炎症ニキビケア
「おとなのニキビをなおしてしまおう!」流炎症ニキビケアのポイントは2つ!
 炎症ニキビケアのキーワード1
ただの抗酸化では炎症を悪化させることもあるので、炎症ニキビケアのキーワード1は「刺激のすくない抗酸化物質」!
 炎症ニキビケアのキーワード2
炎症ニキビがやっかいなのは、色素沈着や凸凹のニキビ跡に発展するから。炎症ニキビケアのキーワード2は「ダメージをうけた肌を再生する成分」!
 炎症ニキビおすすめアイテム
炎症ニキビには、おとニキ独自キーワードにそったアイテム選びが近道です!
nikibi check! 大人のニキビを治してしまった体験談
ニキビ跡をのこさずに大人のニキビをなおしてしまう体験談も!
『ニキビ跡』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]