『ニキビ跡』をなおしてしまおう!
height="10" おとなのニキビをなおしてしまおう!

ヘモグロビン

ヘモグロビンは、血液中で酸素をはこぶ「赤血球」にたっぷりつまった赤い色素です。

酸素をはこぶのが仕事なので、目的の器官に酸素をわたし終えると、帰りは手ぶらです。そんなとき、ヘモグロビンは赤黒く変色します。これを、皮膚の表皮をとおしてみると、青い色にみえるのですが、...そうです、静脈が青いのは、手ぶらのヘモグロビンがとおっているからです!

ということで、「血の色」は、ヘモグロビンの色、といってもいいぐらいです。

動脈や静脈のような太い血管だけでなく、体中にほそい「毛細血管」がとおっています。もちろん皮膚の細胞にも酸素や栄養分が必要なので、すみずみまで毛細血管がはりめぐらされて、その中を赤血球がせっせとはたらいています。

毛細血管が拡張しやすいと、肌はあかっぽくみえたり、収縮して血液がよどむと、青白い肌色になったり。

つまり、肌の赤みを決めているのが「ヘモグロビン」なのです。

ニキビ跡のヘモグロビン

ニキビが炎症をおこしたり、化膿して、真皮までその影響がおよぶと、毛細血管が破壊されて、血液がしみだしてしまいます。

しみだした血液の構成要素は、しんでしまって、そのほかの老廃物といっしょに排出されるのをまつのですが、この間、赤血球にふくまれる「ヘモグロビン」が、ニキビ跡の色素沈着として、肌で存在を主張することになります。

ヘモ系のニキビ跡にきくケア

赤い色素「ヘモグロビン」にねらいをさだめて、ヘモ系のニキビ跡をなおしてしまおう!

レーザー
半導体レーザー
(レーザーダイオード)
レーザーの中でも肌の深くまで作用する半導体レーザーは、ちょっといたいです
ダイオードレーザー 半導体レーザーの中でもダイオードレーザーは幅広いタイプの色素沈着に対応!
一瞬で赤みをくすませます
関連情報
 ニキビ跡の色素沈着
ニキビ跡の色素沈着は大きく「ヘモグロビン系」と「メラニン系」にわけられます!
 メラニン系ニキビ跡の色素沈着
ニキビ跡の茶色っぽい色素沈着の原因は「メラニン色素」。日焼けしたときだけじゃないのです!
 半導体レーザー
半導体の性質をかえると、いろんな波長のレーザー光がだせる器用なタイプです
 ダイオードレーザー
ダイオードレーザーは波長によって、ヘモ系からメラニン系まで幅広い色素に対応します!
大人のニキビ関連情報
 炎症ニキビってなに?
ニキビ跡をひきおこす炎症ニキビの基礎知識をまず頭にいれておきましょう!
 炎症ニキビケア
「おとなのニキビをなおしてしまおう!」流炎症ニキビケアのポイントは2つ!
 炎症ニキビケアのキーワード1
ただの抗酸化では炎症を悪化させることもあるので、炎症ニキビケアのキーワード1は「刺激のすくない抗酸化物質」!
 炎症ニキビケアのキーワード2
炎症ニキビがやっかいなのは、色素沈着や凸凹のニキビ跡に発展するから。炎症ニキビケアのキーワード2は「ダメージをうけた肌を再生する成分」!
 炎症ニキビおすすめアイテム
炎症ニキビには、おとニキ独自キーワードにそったアイテム選びが近道です!
nikibi check! 大人のニキビを治してしまった体験談
ニキビ跡をのこさずに大人のニキビをなおしてしまう体験談も!
ニキビ跡に関する情報を無料メールマガジンでGETしよう!
メールアドレス:
『ニキビ跡』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]