『ニキビ跡』をなおしてしまおう!
height="10" おとなのニキビをなおしてしまおう!

ダイオードレーザー(DiodeLaser)

半導体をつかったダイオードレーザーは、半導体の性質によって、波長がかえられる器用なレーザーで、いろんな用途に使用されます。

800〜820mnの波長では、メラニン系の色素沈着や脱毛、532nmはとくにヘモグロビンの赤い色素に吸収されて、瞬間的に色素を破壊してしまうので、赤いアザや血管腫、毛細血管拡張症、ヘモ系のニキビ跡の色素沈着の治療につかわれます。

色素に反応するので、トラブルがない=色素がないところには、どんなにダイオードレーザーをあてても肌には作用しません。逆に、赤みがつよいと、1回の照射で広い範囲の色素を破壊するので、わりといたいです。

半導体レーザーは、照射時間をみじかくする「Qスイッチ(※レーザー用語参照)」がつかえないので、新機種ならいたくない、ということもないみたいです。

ダイオードレーザーとニキビ跡の色素沈着

ニキビ跡に効く、とされるダイオードレーザーの得意分野は「ヘモグロビン」が原因のヘモ系色素沈着です。

ヘモ系のニキビ跡は、皮膚の層をとおしてみると、赤紫や赤茶色、赤黒くみえることがありますが、この「赤っぽい」というのが、レーザーがきくかきかないかのポイントです。

ニキビ跡に発生する色素沈着の色の中で、「赤み」は派手で目立つ色です。ニキビがなおったあとも、なんだか「ニキビ肌」っぽくみせてしまう原因のひとつだとおもいます。

ニキビ跡治療につかうダイオードレーザーは、この「赤」にあう波長で、次のように作用します。

  • 赤い色素(ヘモグロビン)に吸収される
  • 瞬間的にレーザーの光エネルギーが熱エネルギーにかわる
  • 熱エネルギーによって、赤い色素が破壊される
「破壊」というととてもこわいですが、赤い色素にのみ反応するので、こわされるのは基本的に色素のみ。
肌の奥の赤い色素が破壊されるので、肌の表面はほとんど無傷なので、メラニン系のシミ取り後に必要なガーゼやバンソウコウなどは必要ありません!

ダイオードレーザー治療のメリット

地道なケアをつづけなければいけないニキビ跡の色素沈着の中で、とくに目立つ「赤み」を一瞬でくすませることができる、というのが一番のメリットだと思います。

  • 一瞬で赤みを改善できる(トータルでも20〜30分程度)
  • 肌の表面へのダメージはすくなく、ガーゼなどでの保護が不要
  • 黒ずみや炎症ニキビの色にもすこし反応するので、ニキビ跡以外のトラブルも解消

ニキビが炎症をおこして赤みをもっているところにも、ダイオードレーザーは多少反応するみたいです。
そこにちいさな穴をあけて、表皮の奥にたまった皮脂のかたまりを熱エネルギーでとかして排出しやすくする...らしいです。
毛穴の黒ずみに吸収されると、黒ずみの色素をバチッと破壊してくれるとのこと。ほんとうなら夢のようです..。

ダイオードレーザー治療のデメリット

いいとこだらけのダイオードレーザーですが、デメリットはズバリ!「コスト」と「痛み」です。

  • 費用は保険適用外 20000〜50000円
  • わりといたい(針でさすようないたみ)

とはいっても、痛みはレーザーの出力強度の調整でなんとかなりそうです。
痛がると出力を弱めてくれるのですが、もちろん、その分効果も下がります。どうせ10分なんだし、思い切ってやってもらうのもよし、あんまりいたくない程度の強さで回数をかさねるのもよし、自分にあった方法をえらべばよいとおもいます!

費用は、一瞬「たかっ」と思いますが、頻繁にするケアじゃないので(次回のレーザーまで3〜4週間あけなければならない)、がんばれば、なんとかなるレベルかも。
レーザーを顔全体にあててくれることを思えば、こんなもんかなぁ〜ともおもいます。

気になるところだけ、というように、顔の一部にレーザー光をあてるリーズナブルなコースを用意している病院もあります。

ポストレーザー

レーザー光は、色素に吸収されると、そこで熱エネルギーにかわって瞬間的に色素を破壊します。
「破壊」という響きがこわいですが、対象は色素のみなので、ニキビ跡治療のダイオードレーザーの場合は、表皮や皮膚細胞にダメージはほとんどありません。

ただ、メラニン色素にも吸収されて「破壊」しているので、メラニンによる肌の遮光性がおちているといえます。いつもよりも、日焼け止めなどの紫外線対策にはもっと気をつけながら、うけたダメージを回復するケアをとりいれると、いらぬトラブル防止になります。

ということで、ダイオードレーザーの場合、ガーゼや外用薬、内服薬などは必要ないし、レーザーがおわってすぐ、メイクもできるし、特別なケアは必要ありません。
(次のレーザーまでには「3〜4週間」あけなければいけませんが)

ダイオードレーザーのポストレーザーで、唯一気をつけることといえば「紫外線に無防備な状態」なので、病院ではかなりの確率で「水溶性ビタミンC誘導体ローション」でのケアをすすめられます。
美容関係にチカラをそそぐ最先端の病院では、ポストレーザーといえば「進化型ビタミンC誘導体(APPS)」や「フラーレン」なのになぁ〜と、いつの間にか、ニキビ肌・ニキビ跡肌にかんしては、値段がさがった油溶性ビタミンCや開発されたての進化型ビタミンC(APPS)の存在をしっているわたしの知識レベルの方が病院よりも上まわってしまってることを実感してしまいます...。

  TINTAUNITA エッセンスウォーター
APPSとフラーレン配合「TINTAUNITA(ティンタウニータ)エッセンスウォーター」 ◆進化型ビタミンC
◆フラーレン
◆内容量:150ml
◆価格:6300円
TINTAのローションは活性酸素を強力に除去してメラニン生成をストップさせる「フラーレン」との相乗効果で、メラニン系の色素沈着にバシッと効いてくれます。 実力派コスメにめずらしローズの天然アロマの香りつきですがちゃんとノー刺激。 フラーレンとAPPSが高濃度配合されていて、大容量でこの価格☆TINTAはリーズナブルな価格設定でポストレーザーだけじゃなく、毎日たっぷり使えてありがたい!

ダイオードレーザー体験談

多少のいたみは我慢するので、どうせ10分程度なんだし、思い切ってやってください!と気合充分で挑みました。たまにほそ〜い針でチクリとさされる感じがするだけで、全然へっちゃら!と調子にのっていると、「いけるクチだね!」ということで、わりとしっかり効くレベルの出力で、バチバチやってもらいました。

それでも、場所や肌の状態によって、ギョエッとなるぐらいの痛みを感じるころがあって、これには多少へこみました。

赤みがつよいと、その分、レーザーが反応するので、痛みもふえます。赤みがつよい人やいたみを感じやすい人は、1発ごとに休憩しながらゆっくりすすめるみたいですが、このギョエッ級が連発されると、たしかにつらいです。やっぱり、カンタンにたえられるくらいの強さに調節してもらって、何度かにわけるつもりでうけた方がいいですね。

おでこや鼻はさらに痛みをかんじやすいといことで、断念する人もいるらしいですが、もちろんわたしは根性きめて「やっちゃってください」ときっぱり。ちょっと弱めてもらったので、全然大丈夫〜とおもったところの眉間には、またギョエッがきました。

赤みはたしかにすぐ目立たなくなりました。レーザー後、1週間かけてくすみもとれていき、クリアな感じ。
黒ずみに反応したのか、小さいコメドが減っていたり、ちょっとした炎症ニキビも改善されました。
それから、そんな効果はきいていませんでしたが、レーザー後、しばらくは肌全体もプリプリいい感じになるというプラスアルファもあったり、底知れぬパワーを感じました。

一方で、普段なら1週間もあればおさまりそうなふかい場所の炎症ニキビは、いつまでたっても大きさがそのまま、ゆっくりなおる過程で色素がこくみえることがありました。
なおってしまえば、色素はのこらなかったので、それほど大問題ではないですが。

赤い色素を破壊するので、レーザーがおわると、赤みはめだたなくなっています。破壊した色素ののこりかすが1〜2週間肌にとどまってくすんだ感じになることがあります。でも大丈夫!ターンオーバーといっしょに排出されるので問題ありませんよ。

あと、レーザー治療に関しては、医師の力量によって、効果に大きな差がでることを実感しています。
レーザーの種類、機器の選択や強度レベルなど、医師の判断でとりいれて実行します。
これをかんがえると、レーザー前はしつこいぐらい質問をしてもいいとおもいます!

  • どんな種類のレーザーをつかうのか?
  • どんなニキビ跡が対象なのか?
  • レーザー治療が「成功」といえるのは、どんな状態なのか?
  • ニキビ跡が改善するまで、回数と費用はどれぐらい必要なのか?
  • これまでに、どれぐらいの人に効果があったのか?
  • レーザーは、どういう原理ニキビ跡を改善するのか?
  • 効果がなかった場合、どんな理由が考えられるのか?
こんなことをきいて、担当医師の「力量」をはかろう!
関連情報
 レーザーってなに?
あとニキでは、レーザーは「シンプルかつ高エネルギーのすごい光」と認識しています!(深入り注意)
 半導体レーザー
「ダイオードレーザー」は「半導体レーザー」の一種で...といってもピンときませんが...
 ニキビ跡の色素沈着
ニキビ跡の色素沈着は大きく「ヘモグロビン系」と「メラニン系」にわけられます!
 メラニン系ニキビ跡の色素沈着
ニキビ跡の茶色っぽい色素沈着の原因は「メラニン色素」。日焼けしたときだけじゃないのです!
 ヘモグロビン系ニキビ跡の色素沈着
ニキビ跡独特の赤紫っぽい色素沈着の原因は「ヘモグロビン」。ずばり!血液の「のこりカス」です!!!
 ビタミンC誘導体
不安定なビタミンCを安定させて、皮膚から吸収できるように加工したのが「ビタミンC誘導体」。現在、水溶性、油溶性、進化型の3種類あります!
 進化型ビタミンC誘導体(APPS)
2005年に製品化されたばかりの新型ビタミンC「APPS」は、最先端の医療機関では「ポストレーザー」ケアとしてもう活用されています!
 ニキビ跡のためにすること
どうしようもないといわれることもあるニキビ跡も、今どういう状態か理解すると、できることがうかんでくるのです!
大人のニキビ関連情報
 炎症ニキビってなに?
ニキビ跡をひきおこす炎症ニキビの基礎知識をまず頭にいれておきましょう!
 炎症ニキビケア
「おとなのニキビをなおしてしまおう!」流炎症ニキビケアのポイントは2つ!
 炎症ニキビケアのキーワード1
ただの抗酸化では炎症を悪化させることもあるので、炎症ニキビケアのキーワード1は「刺激のすくない抗酸化物質」!
 炎症ニキビケアのキーワード2
炎症ニキビがやっかいなのは、色素沈着や凸凹のニキビ跡に発展するから。炎症ニキビケアのキーワード2は「ダメージをうけた肌を再生する成分」!
 炎症ニキビおすすめアイテム
炎症ニキビには、おとニキ独自キーワードにそったアイテム選びが近道です!
nikibi check! 大人のニキビを治してしまった体験談
ニキビ跡をのこさずに大人のニキビをなおしてしまう体験談も!
ニキビ跡に関する情報を無料メールマガジンでGETしよう!
メールアドレス:
『ニキビ跡』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]