『ニキビ跡』をなおしてしまおう!
height="10" おとなのニキビをなおしてしまおう!

EGF(上皮細胞再生因子)

EGF(上皮細胞再生因子)は、皮膚細胞を分裂させる役割のもともと肌にある物質です。皮膚を修復して再生する作用があるので、角膜移植や火傷の皮膚移植なんかの医療現場でつかわれてきました。

皮膚の細胞分裂を促進して再生させるということは、
炎症ニキビでダメージをうけてしまった皮膚細胞もEGFで修復できるはず!

夜、たっぷりねると、翌朝なんだか肌がぷりっとみずみずしくて調子がいいのは、ねむっている間に「成長ホルモン」が分泌されて、その一部である「細胞成長因子」の、あたらしい細胞をつくる作用がつよく働くからです。

EGF(上皮細胞再生因子)は、「成長因子」そのもの。皮膚の修復をするのです!
これは、大人のニキビ跡だけじゃなく、肌にはりがなくなったり、乾燥したりの老化肌にも効果がありそう〜♪

なのですが、EGF(上皮細胞再生因子)はなにしろ超高級で、ながらく医療現場から出ることはなかったのでした・・・。

そんな高級品EGFもすこしずつ製造方法が進歩して、EGF配合のコスメがやっと目につくようになりました。

ニキビ跡凹とEGF(上皮細胞再生因子)

ニキビ跡の凹は、表皮の皮膚細胞がニキビといっしょにうしなわれてしまった「表皮の凹」と、ニキビが真皮までダメージをあたえてしまって、真皮がごっそりやられてしまっている「真皮の凹」の2種類あります。(くわしくは、ニキビ跡凹の基礎知識をチェック!

「表皮の凹」は、ニキビの後遺症からたちなおった肌が、ターンオーバーを再開すると、ニキビでいたんだり、死んでしまった皮膚細胞が、あたらしくて健康な皮膚細胞にいれかわるうちに、徐々に目立たなくなります。

表皮の奥の層でうまれたあたらしい皮膚細胞は、古い細胞をおしあげながら、通常、4週間かけて「垢」となってはがれおちます。この皮膚細胞の新陳代謝のサイクルを「ターンオーバー」といいます。ということは、ニキビの後にできた表皮の凹は、4週間たてばなおってしまいそうです。

でも、実際は、ニキビの影響が肌の深くまでひろがっている場合は、ニキビでうけたダメージを回復するまで、ターンオーバーの仕組みが正常に機能しないのです。

そうすると、あたらしい細胞で凹をうめることができません。

EGF(上皮細胞再生因子)は、ニキビでダメージをうけた皮膚細胞に直接はたらきかけて、細胞を増殖させるキーの物質。表皮のニキビ跡凹への効果が期待できるのです!

EGF(上皮細胞再生因子)配合スキンケア

年をとるとしみ、しわ、たるみができるのも、そもそも肌のEGF(上皮細胞再生因子)がすくなくなって、皮膚が再生されにくくなっているからです。
医療現場でしかつかえなかったEGFの価格がさがって、化粧品に配合できるようになったといってもまだまだ高級品。肌の老化が気になるのは、お金もちの大人の女性・・・そんな理由で、まずアンチエイジングコスメにEGF配合の波がやってきました

最初はまさに「EGF配合化粧品=リッチなおばさま向けアンチエイジング化粧品」だったので、ざっとそろえると数万円のブランドラインだったり、べったりテクスチャーのクリームやら美容液でニキビ肌には使いにくそうだったり、EGFは気になるものの、おとニキやあとニキ推奨コスメに該当するアイテムにはなかなか出会えなかったのですが、この1年ぐらいで、ぼちぼちおとニキ世代の肌やオサイフにマッチするEGFコスメが出てきました☆

今は、リーズナブルで効果的なEGFコスメに出会えるようになったのだけど、EGFがちょびっとしか配合されていない可能性が高い異常に低価格なEGFコスメやら、価格はしっかり高くてもEGFがちょびっとしか配合されていないのもありえるので、販売価格やキャッチコピーにおどらされずに信頼できるメーカーの化粧品をえらびましょう〜♪

  TINTAUNITA トリートメントセラム
EGF配合「ティンタウニータ・トリートメントセラム」 ◆EGF(上皮細胞再生因子)
◆プロテオグリカン ◆リンゴ幹細胞 ◆油溶性ビタミンC
◆ネロリ油(精油)
◆豆乳発酵液
◆税抜4000円/50ml
EGF、プロテオグリカン、リンゴ幹細胞みたいな画期的成分と定番の油溶性ビタミンC、天然アロマ精油のネロリオイルの共通点は、皮膚の細胞生成を促成すること。 角度をかえて5種類配合していてこの価格☆ニキビ跡以外にも超砂漠肌やアトピーとかどんなコスメもNGなときでも見事に復活させてくれるお助けアイテムです! 実力派コスメにはめずらしいうっとり系の香りも特徴。人工香料ならうっとりなんかいりませんが、天然アロマでしかも皮膚の治癒作用があるネロリというのがありがたさ倍増。
  アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ リジュリューションα
◆EGF(上皮細胞再生因子)
◆GEペプチド
◆11550円/32ml
ニキビ跡の色素沈着に効くハイドロキノンのイメージが強かったアンプルールは、アンチエイジングでも台頭してきました〜☆アンチエイジング層のシミや色素沈着をハイドロキノンで消したあとは、たるみや毛穴もマルチにきくEGFで解消できる!もちろんニキビ跡凹にも期待です。

EGF(上皮細胞再生因子)配合ファンデーション

ニキビ跡の色素沈着をかくすためにファンデーションはたのもしい味方になるはずだけど、まだニキビのダメージからカンペキにたちなおれていなかったり、気をぬくとニキビがポツッときてしまいそうなあとニキ的肌にとって、つけるのにちょっと罪悪感があるのも事実。
仕事でしかたなく、とか、外出するのにすこしでも自信がもてるようにファンデーションは肌に負担がかかるもの、としかたなくメイクしていたけど、しかし!EGF配合ファンデーションなら、皮膚修復作用で「つけている方が肌の調子がいい」ということもありえるから、超画期的☆

  ティンタウニータ ナチュラルリキッドファンデーション
EGF配合「ティンタウニータ・ナチュラルリキッドファンデーション」 ◆EGF(上皮細胞再生因子)
◆黄金海藻エキス
◆税抜4000円/30ml
◆SPF15 PA++
SPF15,PA++の紫外線防止効果とトリートメント効果で下地がいらないファンデーション。これはまさに「つけている方が肌の調子がいい」という画期的なファンデーション。 ティンタのファンデを初めて使ったサポーターが「なんじゃ、この感触は〜!?」とメールがとどくほど、ふわふわの感触。とにかくかるい!「EGF(上皮細胞再生因子)」と「黄金海藻エキス」の肌修復効果のせいか、メイクをとったときにまったく肌がつかれていないことにも感動♪ ただし、カバー力が低めなのでニキビ跡かくしにはコンシーラーが必須です!
関連情報
 ニキビ跡ってなに?
色素沈着・凸・凹...そもそもニキビ跡ってなに?どうやってできるの???
 ニキビ跡のためにすること
どうしようもないといわれることもあるニキビ跡も、今どういう状態か理解すると、できることがうかんでくるのです!
 油溶性ビタミンC誘導体
皮膚の外側からと内側から作用する「油溶性ビタミンC」こそ、色素沈着・凸・凹すべてのタイプのニキビ跡の救世主なのです!
 プラセンタ
あたらしい細胞をどんどんつくって、ニキビでダメージをうけた皮膚細胞をおきかえることができれば、ニキビ跡の凹も改善するはず!
大人のニキビ関連情報
 炎症ニキビってなに?
ニキビ跡をひきおこす炎症ニキビの基礎知識をまず頭にいれておきましょう!
 炎症ニキビケア
「おとなのニキビをなおしてしまおう!」流炎症ニキビケアのポイントは2つ!
 炎症ニキビケアのキーワード1
ただの抗酸化では炎症を悪化させることもあるので、炎症ニキビケアのキーワード1は「刺激のすくない抗酸化物質」!
 炎症ニキビケアのキーワード2
炎症ニキビがやっかいなのは、色素沈着や凸凹のニキビ跡に発展するから。炎症ニキビケアのキーワード2は「ダメージをうけた肌を再生する成分」!
 炎症ニキビおすすめアイテム
炎症ニキビには、おとニキ独自キーワードにそったアイテム選びが近道です!
nikibi check! ニキビ跡をのこさずに大人のニキビをなおしてしまった体験談
「油溶性ビタミンC」のホームケア6ヶ月でニキビ跡をのこさずに大人のニキビをなおしてしまいました!
『ニキビ跡』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]