『ニキビ跡』をなおしてしまおう!
height="10" おとなのニキビをなおしてしまおう!

ニキビ跡ってなに?

「どうしてニキビのあとに、ニキビ跡ってできるの?」

「色素沈着や凸、凹、どうしてこんなことになるの?」

「でも、できないときもあるのはなんで???」

 

ニキビ跡とは、ニキビがおさまったあとに、肌にのこる色素沈着や凸凹などの痕跡のことです。
ニキビ跡になるには、いろんな要因があります。

  • つい、ニキビをつぶしてしまった
  • 残業つづきで、寝不足だった
  • ニキビにひどい炎症をおこしてしまった...
この「ニキビ跡の要因」は、バラバラにみえますが、共通点は「肌の奥の層にダメージをあたえてしまった」こと!

肌とニキビとニキビ跡

■表皮

表皮とは、4週間でうまれかわることで有名な部分です。
表皮の一番深い層であたらしい細胞がうまれると、28日かけてかたくなった古い細胞を外側に押し出しながら、自分もあたらしい細胞に押し上げられます。
表皮は「うまれかわる」という機能のおかげで、真皮より奥の組織のために、体をはってまもるという重要なはたらきをしています。
ニキビはまず、ここにできます。
4週間でうまれかわれるのですが、それほど心配いらないはずですが、表皮の深い層は細胞をあたらしくつくる機能があるので、ここにダメージをうけると、表皮を生まれ変わらせるためのあたらしい細胞がつくれなくなってしまうのです!

■真皮

表皮にまもられた「真皮」は、表皮をささえる土台でもあります。
ハリをあらわすコラーゲンやエラスチンがつまって、毛細血管がすみずみまではりめぐらされて、肌の新陳代謝に必要な酸素や栄養をはこんでいます。

ニキビは、炎症や化膿がひどくなると、真皮にまで影響をあたえてしまいます。
表皮に血管はありませんから、「ニキビがつぶれて血がでた!」なんてときは「真皮にダメージをあたえてしまったなぁ」 とおもいます。
真皮の毛細血管がニキビのつぶれるときに、真皮の毛細血管がやぶれて、出血してしまったのです!

ニキビ跡とは

深いところへ行けばいくほど、肌の将来にとって、重要な機能が多いことがわかったとおもいます。
この重要な層が、ニキビによってダメージをうけ、その結果、その痕跡として肌にのこってしまうのがニキビ跡なのです!

なるべく、そのような状態にならないようにするのが理想ですが、できてしまったニキビ跡もあきらめることはできません!

症状にあわせて、もっとも効果のあるケアをえらんで、ニキビ跡をなおしてしまおう!

関連情報
 ニキビ跡ってなに?
色素沈着・凸・凹...そもそもニキビ跡ってなに?どうやってできるの???
 ニキビ跡のためにすること
どうしようもないといわれることもあるニキビ跡も、今どういう状態か理解すると、できることがうかんでくるのです!
 油溶性ビタミンC誘導体
皮膚の外側からと内側から作用する「油溶性ビタミンC」こそ、色素沈着・凸・凹すべてのタイプのニキビ跡の救世主なのです!
 プラセンタ
あたらしい細胞をどんどんつくって、ニキビでダメージをうけた皮膚細胞をおきかえることができれば、ニキビ跡は改善するはず!
大人のニキビ関連情報
 炎症ニキビってなに?
ニキビ跡をひきおこす炎症ニキビの基礎知識をまず頭にいれておきましょう!
 炎症ニキビケア
「おとなのニキビをなおしてしまおう!」流炎症ニキビケアのポイントは2つ!
 炎症ニキビケアのキーワード1
ただの抗酸化では炎症を悪化させることもあるので、炎症ニキビケアのキーワード1は「刺激のすくない抗酸化物質」!
 炎症ニキビケアのキーワード2
炎症ニキビがやっかいなのは、色素沈着や凸凹のニキビ跡に発展するから。炎症ニキビケアのキーワード2は「ダメージをうけた肌を再生する成分」!
 炎症ニキビおすすめアイテム
炎症ニキビには、おとニキ独自キーワードにそったアイテム選びが近道です!
nikibi check! ニキビ跡をのこさずに大人のニキビをなおしてしまった体験談
「油溶性ビタミンC」のホームケア6ヶ月でニキビ跡をのこさずに大人のニキビをなおしてしまいました!
ニキビ跡に関する情報を無料メールマガジンでGETしよう!
メールアドレス:
『ニキビ跡』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]