『ニキビ跡』をなおしてしまおう!
height="10" おとなのニキビをなおしてしまおう!

ビタミンC誘導体

ビタミンCはとても不安定な物質で、肌にぬっても吸収できない、化粧水の瓶の中で品質を保てない、という問題がありました。その問題を解決したのがビタミンC誘導体です。

皮膚の上からビタミンCを作用させるには、不安定なビタミンCを安定させた「ビタミンC誘導体」しかありません!

「ビタミンC誘導体」とは、不安定なビタミンC安定させ、皮膚細胞に吸収させることができるように加工したものです。皮膚細胞内に取り込まれてから、酵素反応によってビタミンCに変化し、直接細胞に働きかけます。

ビタミンC誘導体の種類

現在、ドクターズコスメなどの化粧品に配合されているビタミンC誘導体は、大きく「水溶性ビタミンC誘導体」「油溶性ビタミンC誘導体」「進化型ビタミンC誘導体」の3種類あります。
それぞれ、得意分野があるので、めざす効果によって上手につかいわければ百人力です!

1. 水溶性ビタミンC誘導体
いちばん「一般的」といってもいいのが水溶性ビタミンC誘導体です。
表皮にたいする即効性はピカイチ!メラニン系の色素沈着、ざらざら肌、オイリー肌などに1〜2週間できいてきます!
水溶性ビタミンC誘導体は、イオン導入で肌の奥まで浸透させることもできますが、乾燥しやすい肌になったり、炎症ニキビや敏感肌には刺激をあたえてしまうのがウィークポイント。
2. 油溶性ビタミンC誘導体
油溶性ビタミンC誘導体は、肌に刺激をあたえずに、真皮まで浸透することができるので、大人のトラブル肌を改善するのにいちばん「無難」なビタミンC誘導体です。
1〜2日かけて真皮へむかってじっくり浸透するので、効果もじんわりでてきます。
表皮ではバリア機能を回復するので、敏感肌、乾燥肌には必須のアイテム。
3. 進化型ビタミンC誘導体(APPS)
2005年に商品化された最新のビタミンC誘導体「APPS(アプレシエ)」。「水溶性」と「油溶性」のいいところを特徴としてもっているスゴイやつへの敬意をはらって、あとニキでは「進化型ビタミンC」とよんでいます。
一番のポイントは「浸透力」。なんと、水溶性ビタミンC誘導体の100倍以上です!
関連情報
 水溶性ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体のうち水溶性ビタミンCの特徴は表皮に対する即効性。アイテム選択にはすこしだけ注意が必要です!
 油溶性ビタミンC誘導体
皮膚の外側からと内側から作用する「油溶性ビタミンC」こそ、色素沈着・凸・凹すべてのタイプのニキビ跡の救世主なのです!
 進化型ビタミンC誘導体(APPS)
2005年に製品化されたばかりの新型ビタミンC「APPS」は細胞膜も通過して皮膚細胞内でも作用します!
 水溶性ビタミンCのイオン導入
水溶性ビタミンCの表皮にたいする即効性はピカイチですが、イオン導入で真皮にも作用させることができるのです!
 ホームエステ用イオン導入器
安全で高機能かつ安価なおてがるイオン導入器が登場してから、時間的、金銭的負担がかなりかるくなりました!
 ニキビ跡の色素沈着
ニキビ跡の色素沈着は大きく「ヘモグロビン系」と「メラニン系」にわけられます!
 メラニン系ニキビ跡の色素沈着
ニキビ跡の茶色っぽい色素沈着の原因は「メラニン色素」。日焼けしたときだけじゃないのです!
 ヘモグロビン系ニキビ跡の色素沈着
ニキビ跡独特の赤紫っぽい色素沈着の原因は「ヘモグロビン」。ずばり!血液の「のこりカス」です!!!
大人のニキビ関連情報
 炎症ニキビってなに?
ニキビ跡をひきおこす炎症ニキビの基礎知識をまず頭にいれておきましょう!
 炎症ニキビケア
「おとなのニキビをなおしてしまおう!」流炎症ニキビケアのポイントは2つ!
 炎症ニキビケアのキーワード1
ただの抗酸化では炎症を悪化させることもあるので、炎症ニキビケアのキーワード1は「刺激のすくない抗酸化物質」!
 炎症ニキビケアのキーワード2
炎症ニキビがやっかいなのは、色素沈着や凸凹のニキビ跡に発展するから。炎症ニキビケアのキーワード2は「ダメージをうけた肌を再生する成分」!
 炎症ニキビおすすめアイテム
炎症ニキビには、おとニキ独自キーワードにそったアイテム選びが近道です!
nikibi check! ニキビ跡をのこさずに大人のニキビをなおしてしまった体験談
「油溶性ビタミンC」のホームケア6ヶ月でニキビ跡をのこさずに大人のニキビをなおしてしまいました!
ニキビ跡に関する情報を無料メールマガジンでGETしよう!
メールアドレス:
『ニキビ跡』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]