『ニキビ跡』をなおしてしまおう!
height="10" おとなのニキビをなおしてしまおう!

進化型ビタミンC誘導体 (APPS)

ビタミンC誘導体は、これまで「水溶性」か「油溶性」か、でくくっていたのですが、この進化型ビタミンC誘導体(APPS)の登場によって、「水溶性」「油溶性」「進化型」の3種類になりました!

  • 水溶性ビタミンC誘導体の一番のウリは「表皮に対する即効性」
  • 油溶性ビタミンCは「真皮への浸透性」
進化型ビタミンC誘導体(APPS)は、水溶性ビタミンCの即効性と、油溶性ビタミンCの浸透性、どちらの作用ももちあわせているので、「進化型」なのですが、ただ単に「水溶性+油溶性」というわけではない、「進化型ビタミンC誘導体」としての特徴が2つあります!
  • 刺激ゼロ
  • スゴイ浸透力

表皮のコメドや角栓をゆるめてニキビのモトをとりのぞいて、表面をなめらかにする作用は、水溶性ビタミンC誘導体よりもマイルドですが、刺激がゼロなところがポイントです!
ニキビが長びくと、敏感肌になったり、炎症をおこしやすくなって、水溶性ビタミンCアイテムの刺激がネックになってしまうこともありますが、肌への刺激を気にせずにつかえることは、進化型ビタミンC(APPS)の大きなメリットです。

そして、もうひとつのポイント、「浸透力」は進化型ビタミンC誘導体(APPS)の一番の特徴です!
進化型ビタミンC誘導体(APPS)の浸透力は、水溶性ビタミンC誘導体の100倍以上、しかも、肌の2箇所で実力を発揮します。

  • 肌のバリア機能をとおりぬけて、真皮まで浸透
  • 細胞膜を通過して、皮膚細胞の中まで浸透

肌にぬるだけで、肌の奥深くまで浸透して、真皮から活性化するので、ターンオーバーといっしょにメラニンを排出します。

さらに、皮膚細胞の中まで浸透できるので、皮膚細胞内のメラニンに直接作用できるのです!

つまり、「進化型ビタミンC(APPS)」は、肌の奥からメラニンを排出すると同時に、細胞内のメラニンに直接はたらきかけて、色素沈着を改善するのです!

  • 皮膚細胞内から活性化
    進化型ビタミンC(APPS)は、皮膚細胞内にも浸透することができるので、細胞内の活性酸素やメラニンに直接作用できるのです!
  • 真皮から肌の基礎体力をアップさせ、ターンオーバーのサイクルを正常化
    真皮まで浸透して、コラーゲンの生成をたすけ、肌の内側から基礎体力をアップさせ、新陳代謝をうながして、ニキビでダメージをうけた皮膚細胞を健康な細胞といれかえます

進化型ビタミンC(APPS)とは?

あとニキでは、水溶性ビタミンC誘導体の即効性と、脂溶性ビタミンC誘導体のような高い浸透性を同時にもつビタミンC誘導体を「進化型ビタミンC誘導体」とよんでいます。
ほかに「次世代ビタミンC誘導体」や「新型ビタミンC誘導体」という言い方もあるみたいですが(toofar調べ)、混乱しないように「進化型ビタミンC誘導体」で統一します!

ちなみに、成分の正式名称は、「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」で、化粧品原料の呼び方としてはAPPS、アプレシエ、などともいわれます。

具体的には、次のような作用があり、

  • 活性酸素除去作用
  • 過酸化脂質抑制作用
  • メラニン蓄積の阻害作用
  • コラーゲン生成促進作用
ニキビ跡だけじゃなく、シミやシワなど大人の肌トラブルも改善する効果もあるのです!

進化型ビタミンC(APPS)配合のアイテム

「進化型ビタミンC(APPS)」は、2005年1月から進化型ビタミンC(APPS)配合の化粧品の発売がはじまったばかりのあたらしい成分ですが、最近はちょこちょこ目にするようになりました。

進化型ビタミンC(APPS)配合の化粧品を選ぶポイントは、ずばり、「配合率」です!

「進化型ビタミンC(APPS)」は、原料としてかなり高価(なんと!既存水溶性ビタミンCの8倍!-東京新聞参照-)なため、進化型ビタミンC(APPS)が高配合された「ドクターズ」と、ほんのすこ〜し進化型ビタミンC(APPS)を配合した「様子見」アイテムにわかれています。
フラーレン同様、配合率は公開されていないので、100%ではないですが、ある程度なら見分けられます!

製品情報として公開している「全成分表」のどの位置に「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」があるか!です。
最初の方に記載してあれば、高配合タイプ、後ろの方なら様子見タイプの可能性がたかくなるのです。

あとニキでは、もちろん効果が見えやすいドクターズの高配合のアイテムがオススメです!

進化型ビタミンC(APPS)製品の特徴として、「フラーレン」と相性がよいということがあります。 サッカーボールのようなカタチをしたナノ分子である「フラーレン」は、進化型ビタミンC誘導体(APPS)の浸透性をより効率的にたかめる相乗効果があり、くみあわせて配合することが多いようです。


進化型ビタミンC誘導体(APPS) 配合エッセンス・ローション
「進化型ビタミンC(APPS)は、洗顔後の肌につけるのが一番効果的」とされています。ということで、「エッセンス」「ローション」なのです。
  TINTAUNITA エッセンスウォーター
APPSとフラーレン配合「TINTAUNITA(ティンタウニータ)エッセンスウォーター」 ◆進化型ビタミンC
◆フラーレン
◆内容量:150ml
◆価格:6300円
TINTAのローションは活性酸素を強力に除去する「フラーレン」との相乗効果で、炎症ニキビでたまった肌ストレスをリセット! 実力派コスメにめずらしローズの天然アロマの香りつきですがちゃんとノー刺激。 フラーレンとAPPSが高濃度配合されていて、大容量でこの価格☆TINTAはいつもほんとにいいの?っていうぐらいリーズナブルな価格設定で毎日たっぷり使えてありがたい!
  セラ リニューイングソリューションAP+
シワ・シミ・にきびなどのトラブル肌へマルチに対応:セラ リニューイングソリューションAP+ ◆進化型ビタミンC
◆α−アルブチン
◆コエンザイムQ10
◆内容量:60ml
◆価格:6930円
進化型ビタミンC誘導体APPSを2%、αーアルブチン、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸を配合したローション。
さらにユキノシタエキス、ホホバ葉エキス、フトモモ葉など抗酸化作用のある植物のエキスもはいった徹底抗酸化ローションです。
  アイアイメディカル フランローション
送料無料 ピーリング後専用化粧水 フランローション【アイアイメディカル】 ◆進化型ビタミンC
◆フラーレン
◆内容量:80ml
◆価格:12600円
アイアイメディカルのフランローションは、ピーリング後に乾燥しやすい肌に保湿機能とフラーレンと進化型ビタミンCで抗酸化をめざすローション!
関連情報
 ビタミンC誘導体
不安定なビタミンCを安定させて、皮膚から吸収できるように加工したのが「ビタミンC誘導体」。現在、水溶性、油溶性、進化型の3種類あります!
 水溶性ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体のうち水溶性ビタミンCの特徴は表皮に対する即効性。アイテム選択にはすこしだけ注意が必要です!
 油溶性ビタミンC誘導体
皮膚の外側からと内側から作用する「油溶性ビタミンC」こそ、色素沈着・凸・凹すべてのタイプのニキビ跡の救世主なのです!
 水溶性ビタミンCのイオン導入
水溶性ビタミンCの表皮にたいする即効性はピカイチですが、イオン導入で真皮にも作用させることができるのです!
 ホームエステ用イオン導入器
安全で高機能かつ安価なおてがるイオン導入器が登場してから、時間的、金銭的負担がかなりかるくなりました!
 ニキビ跡の色素沈着
ニキビ跡の色素沈着は大きく「ヘモグロビン系」と「メラニン系」にわけられます!
 メラニン系ニキビ跡の色素沈着
ニキビ跡の茶色っぽい色素沈着の原因は「メラニン色素」。日焼けしたときだけじゃないのです!
 ヘモグロビン系ニキビ跡の色素沈着
ニキビ跡独特の赤紫っぽい色素沈着の原因は「ヘモグロビン」。ずばり!血液の「のこりカス」です!!!
 フラーレン
メラノサイトがメラニンを作り続ける原因を消してしまう「フラーレン」は、医薬としての実績もあるナノテク成分なのです!
 プラセンタ
あたらしい細胞をどんどんつくって、ニキビでダメージをうけた皮膚細胞をおきかえることができれば、ニキビ跡は改善するはず!
大人のニキビ関連情報
 炎症ニキビってなに?
ニキビ跡をひきおこす炎症ニキビの基礎知識をまず頭にいれておきましょう!
 炎症ニキビケア
「おとなのニキビをなおしてしまおう!」流炎症ニキビケアのポイントは2つ!
 炎症ニキビケアのキーワード1
ただの抗酸化では炎症を悪化させることもあるので、炎症ニキビケアのキーワード1は「刺激のすくない抗酸化物質」!
 炎症ニキビケアのキーワード2
炎症ニキビがやっかいなのは、色素沈着や凸凹のニキビ跡に発展するから。炎症ニキビケアのキーワード2は「ダメージをうけた肌を再生する成分」!
 炎症ニキビおすすめアイテム
炎症ニキビには、おとニキ独自キーワードにそったアイテム選びが近道です!
nikibi check! ニキビ跡をのこさずに大人のニキビをなおしてしまった体験談
「油溶性ビタミンC」のホームケア6ヶ月でニキビ跡をのこさずに大人のニキビをなおしてしまいました!
ニキビ跡に関する情報を無料メールマガジンでGETしよう!
メールアドレス:
『ニキビ跡』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]